小島 燎 オフィシャルウェブサイト


小島 燎

広島出身。5歳より父・小島秀夫(元NHK交響楽団、元広島交響楽団コンサートマスター)の手ほどきによりヴァイオリンを始める。

大阪国際音楽コンクール第1位、審査員特別賞受賞。全日本学生音楽コンクール大阪大会および全国大会第1位、併せて東儀賞、兎束賞、都築音楽賞受賞。広島県教育委員会より『メイプル賞』2度受賞、広島市長より『フェニックス賞』 受賞。アゼリア推薦新人演奏会優秀賞、ABC新人コンサート音楽賞受賞。(公財)ヒロシマ平和創造基金ヒロシマスカラシップ奨学生、(公財)堀田育英財団奨学生、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員にそれぞれ選出。


また秋吉台室内楽セミナー、いしかわミュージックアカデミー、京都フランス音楽アカデミー、ラヴェル国際音楽アカデミー(フランス)、小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、ハンブルク音楽演劇大学メンデルスゾーン国際サマースクール(ドイツ)、小澤征爾スイス国際アカデミー等で研鑽を積み、オリヴィエ・シャルリエ、ジャン=フランソワ・エッセール、ペーター・チャバ、ロラン・ピドゥー、ジャン=クロード・ペヌティエ、パメラ・フランク、原田幸一郎、原田禎夫、今井信子、川本嘉子、小澤征爾らの指導を受けるほか、東京オペラシティコンサートホール、ヴィクトリアホール(ジュネーヴ)、ルイ・ヴィトン財団オーディトリウム(パリ)などで演奏する。京都フランス音楽アカデミーではスカラシップ賞、ラヴェル国際音楽アカデミーにおいては2012年Mélomanes Côte Sud賞、2015年アカデミー・ラヴェル賞、Dany Pouchucq特別賞、ソー公園オランジュリー音楽祭賞の3賞を受賞。

 

2011年京都リレー音楽祭、2013年ジョルジュ・エネスク国際音楽祭(ブカレスト)、2014年ザ・シンフォニーホール(大阪)におけるABC新人コンサート、メンデルスゾーン国際音楽祭(ハンブルク)、2015年ソー公園オランジュリー音楽祭(パリ)、2016年「アカデミー・ラヴェルの春」音楽祭(サン=ジャン・ド・リュズ)、ブッフ・デュ・ノール劇場におけるパラツェット・ブルー・ザーネ音楽祭(パリ)、Les Rencontres de Violoncelle de Bélaye、Mélomanes Côte Sudコンサートシリーズ(オスゴール)、2017年FESTIVAL DES ARTS SACRÉS音楽祭、「ハイドン氏の休暇」音楽祭(音楽監督:ジェローム・ペルノ)などに出演し、レジス・パスキエ、アレクサンドラ・スム、ミゲル・ダ=シルヴァ、マリー・シレム、アドリアン・ボワソー、ロラン・ピドゥー、アンリ・ドマルケット、ジェローム・ペルノ、アナスタシア・コベキナ、ブルーノ・フィリップ、ジャン=フランソワ・エッセール、リュカ・ドゥバルグ、ポール・メイエ、ローラン・ナウリ、アキロン・カルテットらと共演、france musique、medici.tvなどで放送された。

 

また2015年は小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトXIII「ラヴェル/子供と魔法」に参加、コンサートマスターを務めた。2016年より、パリ国立高等音楽院教授ジェローム・ペルノが音楽監督を務めるパリ室内楽センター(サル・コルトー)のレギュラーメンバーとして、2016年「プーランク/仮面舞踏会」、2017年「ストラヴィンスキー/兵士の物語」(ストラヴィンスキー財団共催)、「マーラー/さすらう若者の歌」、2018年「メンデルスゾーン/弦楽八重奏」など、多数の公演に参加。

 

またエヴァ・ザヴァロ、ヴィオレーヌ・デスペイルー、アレクシ・ドゥルアンとともにダフニス弦楽四重奏団を結成、2018年フィルハーモニー・ド・パリで開催されたTremplin Jeunes Quatuorsにおいて入賞。

新ヨーロッパ室内管弦楽団、Sinfonia Pop Orchestra等においてコンサートマスターとしても活動している。

 

これまでに小島秀夫、長原幸太、小栗まち絵の各氏に師事。 修道中学校・高等学校(卒業生メッセージ)を経て、京都大学総合人間学部卒業。現在、パリ・エコールノルマル音楽院においてレジス・パスキエ氏に師事。同音楽院の高等課程をヴァイオリン・室内楽ともに満場一致の審査員称賛付きで修了。さらに2017年室内楽科のコンサーティスト課程を満場一致で修了、2018年ヴァイオリン科のコンサーティスト課程を満場一致の審査員称賛付きで修了、イヴリー・ギトリス氏より賛辞を贈られる。

 

2018年秋よりパリ国立高等音楽院室内楽科修士課程に進学予定。

1774年製Giuseppe&Antonius Gaglianoを使用。

Ryo Kojima

 《le violoniste japonais Ryo Kojima propose une version raffinée mais très dynamique de la Sonate de Debussy, avec beaucoup de délicatesse et rêverie.》 (resmusica)

 

Ryo Kojima, né en 1993 à Hiroshima, a reçu ses premières leçons de violon de son père Hideo Kojima (ex-premier violon de l'orchestre symphonique NHK Tokyo et ex-violon solo de l'orchestre symphonique d'Hiroshima) quand il avait 5 ans.

 

Premier prix au concours de musique international d'Osaka 2004 et au concours étudiant national du Japon 2007, il est lauréat du prix du maire d'Hiroshima 2008, du prix musical d'Asahi Broadcasting Corporation d'Osaka 2014 et du Prix de l'Académie Ravel 2015.

 

Il étudie à la nombreuse académie avec les professeurs tels que Olivier Charlier, Koichiro Harada, Pamela Frank, Nobuko Imai, Sadao Harada, Jean-François Heisser, Roland Pidoux, Jean-Claude Pennetier, Peter Csaba et Seiji Ozawa. 

 

Il se produit dans de nombreux festivals tels que le Festival International George Enesco à Athénée Roumain de Bucharest, l'Académie internationale de musique de chambre de Seiji Ozawa à Tokyo Opera City, le Festival International Mendelssohn à Hambourg, le Festival de l'Orangerie à Sceaux, le Festival Palazzetto Bru Zane à Paris (Théâtre des Bouffes du Nord, diffusé par France Musique et medici.tv), les Rencontres de Violoncelle de Bélaye, les Vacances de Monsieur Haydn, le Centre de Musique de Chambre de Paris (produit par Jérôme Pernoo à Salle Cortot) et l'Académie International Seiji Ozawa Switzerland (Victoria Hall à Genève et Fondation Louis Vuitton à Paris) en collaboration avec Régis Pasquier, Alexandra Soumm, Miguel da Silva, Marie Chilemme, Adrien Boisseau, Roland Pidoux, Henri Demarquette, Jérôme Pernoo, Bruno Philippe, Anastasia Kobekina, Jean-François Heisser, Lucas Debargue, Paul Meyer, Laurent Naouri ou encore Quatuor Akilone.

 

Il crée le Quatuor Daphnis avec Eva Zavaro, Violaine Despeyroux et Alexis Derouin en 2017, qui est déjà lauréat du "Tremplin Jeunes Quatuors" de la Philharmonie de Paris. Il joue également en tant que violon solo de l'Orchestre de l'Académie Seiji Ozawa, de l'Orchestre de Chambre Nouvelle Europe et de Sinfonia Pop Orchestra.

 

En ayant étudié le violon avec Hideo Kojima, Kota Nagahara (supersoliste de l'orchestre symphonique de Yomiuri Tokyo) et Machié Oguri (professeur de l'Université Soai d'Osaka et l'Université de Musique de Tokyo), il termine ses études à la faculté des arts libéraux de l'Université de Kyoto en 2015.

 

Actuellement il étudie avec Régis Pasquier à Ecole Normale de Muisque de Paris, où il obtient les deux diplômes supérieurs de violon et de musique de chambre à l'unanimité et avec les félicitations du jury en 2016, le diplôme supérieur de concertiste de musique de chambre à l'unanimité en 2017 (classe de Chantal De Buchy) et celui de violon à l'unanimité et avec les félicitations du jury en 2018.

Il entre au CNSM de Paris en septembre 2018 en master de musique de chambre.

 

Il joue un violon de Giuseppe&Antonius Gagliano 1774 Naples.